《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック


《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:09-12-2013


減量を思い立ったときに、
極端に食べる事を減らしたり、
偏った栄養素を摂取したりする方法を選ぶ人は
結構多いようですが…

誰しも激しい空腹に耐えうるほどの精神力を
持っているわけはありませんので、
大半の人は挫折してリバウンドします。

度を越した食べる事制限を続けていると、
拒食症・過食症などの摂食障害を、引き起こす可能性もありますので、
24時間に最低限必要な栄養素は摂取するべきなんです!

わたし自身、過去に少々過度な食べる事制限をした経験がありますが、
健康障害を生じるほどではなかったにせよ、
低血糖状態で24時間中頭がぼーっとしていました。

確かに体重は2ヶ月で4KGほど減りましたが、
やせるというよりやつれた感じで、周りの人から心配されるほどでした。

経験上からもいえることですが、
より整ったスタイルにするための減量が、
健康を害するリスクを負いながら、
みすぼらしくやせても何の意味もありません。

人間の体質は極端にエネルギー摂取が減ったときに、
飢餓状態に備えて代謝が落ち、脂肪をあまり燃やさなくなるそうです。

そして、わずかな食べる事からも
脂肪を貯めこんでしまうので、体脂肪は減りません。

さらに極端な食べる事制限をしていると、
体質は摂った食べる事から最大限の栄養素を吸収しようとしますので、
以前と同じ量の食べる事に戻しただけで太ってしまうのです。

極端な食べる事制限をしている間は、
空腹によるストレス状態が続いているので、
その反動から食べる事制限をする前よりも
食べる事量が増えてしまうことが多いようです。

結局、極端な食べる事制限ではやせにくい体質になった上に、
食べる事量が増えてしまう危険性がありますので、
激しい空腹を我慢する割には、なんにも良いことがないんですよね。






マンションリフォームにおまかせ
マンションリフォーム
URL:http://www.r2home.jp/

《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例 《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人 《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック 《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す